美容専門学校は大阪にしたい理由

敏感肌のスキンケア用品の選び方

肌が敏感で化粧水がしみる、いつも使っていた化粧品が合わなくなった、という経験はありませんか。

そのような状態では何を使っていいのかわからなくなってしまいますよね。そんな敏感肌の方のスキンケアの選び方のポイントは2つあります。1つ目は保湿成分を取り入れたスキンケアを選ぶことです。

肌が敏感になる原因のほとんどが乾燥によるものです。空調などの生活環境や、ストレス、ピーリングなどの過剰なケアの影響で肌が乾燥して敏感になっている可能性もあります。

保湿することで肌のキメが整い、肌本来のバリア機能が働くようになります。肌を刺激から守ることで、敏感肌の改善につながるのです。2つ目は肌を刺激する成分を避けることです。

アルコールなどの防腐剤や香料、過度な界面活性剤などが敏感な肌には刺激になってしまいます。防腐剤に使われるエタノールは肌に刺激を与えるだけでなく、水分を蒸発させて肌の乾燥を招きます。

BGやフェノキシエタノールなどの低刺激の防腐剤が配合されているものを選ぶといいでしょう。またクレンジングや洗顔料に配合されている界面活性剤も、配合量が多いと肌の刺激となると共に乾燥の原因となります。

特に敏感肌の方が避けたいのがオイルクレンジングです。メイク落としの中でもオイルクレンジングは界面活性剤の配合量が最も多く、刺激が強いクレンジングです。

クレンジングの選び方としては、低刺激で保湿効果が高いクリームタイプがおすすめです。このように敏感肌のスキンケア用品の選び方には、保湿すること、刺激成分を避けることが大切なのです。

また、ピーリングや美白ケアなどの過剰なケアを避けることも敏感肌の改善には重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です