美容専門学校は大阪にしたい理由

目を大きくする方法について

目を大きくするには、目頭切開法が有効ですが、施術を受ける前には具体的方法について把握しておくことが大切です。

そして、理想の目元を手に入れるためには、先ず、手術を担当する医師からじっくりカウンセリングを受ける必要があります。

昨今は、パソコンの画面を見ながら、大きさや形、そして患者の希望にそったイメージをシュミレーションします。その際には、手術の流れや術後のアフターケア等についても、詳しく説明を受けることになります。

特に現在、服用している薬があれば、事前の申告が大事になります。実際の目頭切開手術に入る前には、施術部分に麻酔クリームを塗ります。これは化粧品に似た感触で、痛みを軽減する方法になっています。

次にカウンセリングでイメージしたデザインにそって、希望の形に大きくラインを描きます。手術中には施術箇所に応じて局所麻酔を施し、患者の負担を軽減します。

目頭切開手術の流れとしては、麻酔が効いた部分から上瞼にかけて、被さっている皮膚を切開していきます。手術に要する時間は切開方法や範囲にもよりますが、通常はおよそ30分ほどです。

手術の後は5~10分程、手術部分をアイシングします。冷やすことで、術後の腫れを最小限に抑えることができるわけです。手術終了後は十分休息を取りますが、その日の内に歩いて帰れます。

そして、大きく切開した部分以外であれば、当日に洗顔することが可能です。抜糸に関しては、通常は手術日から約1週間後になります。

抜糸そのものに痛みは殆ど無く、抜糸の翌日にはアイメイクを施すことが出来ます。また、手術後に痛みや腫れが気になる場合は、担当の医師に相談する必要があります。

大阪の美容学校についてならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *