美容専門学校は大阪にしたい理由

顔のたるみマッサージはリンパの流れの促進がポイント

顔のたるみは、見た目年齢に大きく影響し、人によっては10歳以上もの差をもたらすこともあります。

30代~40代の悩みで多いのが顔のたるみですが、最近は不規則な生活をする若者が増えていることから、20代で既にたるみが進行している人も少なくありません。

顔のたるみマッサージをする場合、大事なのは、マッサージでリンパ液と血液の流れをスムーズにすることです。顔のリンパ液の流れが停滞すると、老廃物がたまったままになるので、むくみが生じやすくなります。

リンパ管に沿うように流れている血液の流れが悪くなると、栄養や酸素が運ばれにくくなって脂肪が蓄積します。老廃物や脂肪が溜まることで顔のたるみは促進されるので、リンパの流れを良くすることが顔のたるみ改善のカギを握ります。

マッサージでリンパ液と血液の流れを良くすることが、顔のたるみ改善に効果を発揮します。顔のたるみマッサージをする時は、クレンジングをいつもより多く手に取り、手のひらで温めてから顔全体と首にのばすようにします。

手に取る量は、大きめのマスカット1~1.5粒大が目安で、くるくると円を描くようにマッサージすると良いです。中指と薬指の腹で下から上、中から外へとなじませていき、メイクを落とす際に同時にマッサージすると効果的です。

効果的に顔のたるみマッサージをするには、顔だけでなく、首もリンパに沿ってしてやることです。首の側面のリンパに沿って下から上へとマッサージし、左右それぞれ10回ずつしたら、ぬるま湯で洗い流しましょう。

その後、保湿力の高いマッサージクリームをたっぷり塗ってマッサージすると、より効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *