美容専門学校は大阪にしたい理由

美容師の求人で気になる給与

美容師の求人で気になる部分に給与です。

他の年収約400万円と比べても低めであり、一般の美容室でスタイリストとして勤務した場合、300万円あるかどうかです。美容師という職業は技術職でもある為、技能面で評価される部分が大きく、美容室でも初めはアシスタントから入社して3年多い場合には5年程度経験を積んでから次にスタイリストでようやくカットが出来る、さらに腕が上がると指名料を貰えるほどのトップスタイリストにまで登りつめる事が出来ますが、高収入を稼げるようになるにはほんの一握りでもあります。

また、基本給与は固定でも売り上げによって能力給が付くなど、月の売り上げによって給与が左右されやすい職業でもあります。

美容師で働くにあたって初めの給与面の低さには覚悟しておく事も必要ですが、待遇面でも他の職業よりまだまだという所も多いです。特に入社したては技術を磨く大切な時期でもあり、研修や講習などで休日も返上して仕事の成功のために勉強する日々が続きます。多くの美容師の求人ではスタイリストを募集している事が多いですが、中には経営者候補も求人に出している事もあります。特に男性においては生涯美容師として勤務する場合、伸び悩む給与体系から家庭を養うには難しい事もあり、経営者として店舗の運営に携わる人も、現場で経験を積んでから次のステップアップにする人もいます。

独立を最終的には視野に入れている人もおり、美容室の運営のノウハウを学ぶために美容室の経営や営業分野で働く人もいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *