• ネズミ駆除をする時の危険性

    日本にはどぶねずみやくまねずみなどの野生のネズミが生息していて、家に侵入して住み着いてしまうことがあり、自分で駆除をしようとする人も少なくありません。
    家に侵入したネズミは屋根裏に巣を作ることが多いので、屋根裏の巣にいる野生のネズミを駆除しようとする時に、生きているねずみが巣にいることもありますが、生きているねずみを素手で捕まえようとすると噛まれてしまう危険性があり、ねずみは病原体を持っている可能性が高く、噛まれてしまうと鼠咬症になる可能性があります。鼠咬症はねずみに噛まれることによる病気の総称ですが、モニリホルム連鎖桿菌感染症と鼠咬症スピリルム感染症の2つの病気があり、それぞれ症状に違いがありますが、どちらの感染症も噛まれてから数日後に症状が現れて、肺炎や肝炎などの症状が出ることがある危険な病気なので、症状が現れた際にはねずみに噛まれたことを伝えるといいです。



    生きているねずみは病原体を多く持っているので、ビニール手袋をはめていても噛みついてくることがあるので、ねずみ捕りなどねずみを駆除するためのグッズを使うことで、捕獲したねずみが死んでから捨てることができるので、噛みつかれないで済みます。

    ロケットニュース24情報サイトを使用する機会が増えています。

    素人では完全にねずみを駆除するのは難しいと言われていて、ねずみは病原体をもっているので病原体の宿主であるねずみがいなくなると、家にいる人を宿主としようとするので、業者に依頼することで家に住み着いたねずみや病原菌などを清掃してもらうことが可能です。